粗大ごみの回収で活用できる自治体や民間のサービス

自治体と民間業者、どちらを利用したほうが良いのでしょうか?気になる粗大ごみのことを公開しています。 - 自治体・民間業者それぞれの利用料金など




自治体・民間業者それぞれの利用料金など

不用品回収を行ってもらいたいという時に気になるのがやはりその料金である。
料金の仕組みというものを把握しておくだけで、粗大ごみ回収を依頼する際により満足・納得して活用できることも多いようである。
ではここで具体的な部分について触れて行きたいのである。

自治体利用の場合


自治体は比較的に分かりやすい料金設定となっているのである。
シールを貼るという方法での料金徴収であるが、シール1枚500円・大型粗大ごみで1枚1000円となっているのである。
これを指定金額にあわせた枚数を貼り付けるという形になるのである。
別途料金やその他手数料などは発生しないのだ。
リサイクルとして利用をする場合も同様の金額がかかってくるのである。

民間業者に依頼をする場合

こちらにおいては、それぞれ業者によって料金差は生じるのである。
1度に沢山の品目を回収してもらいたいという場合にはそれに応じたメニュー提供がなされていることも多いのだ。
もちろん、1品目からの回収も可能であるが先にも触れたように料金が様々あることから1度査定に依頼をしておくのがより安心できる利用方法と言えるのである。
なお、リサイクルの利用の場合には買い取り価格がつくという場合もあるのだ。

家電リサイクル法の品目について

自治体の場合は、一般的な不用品回収として依頼をすることは不可となっている。
一方、民間業者の場合は回収可能というところが多いようである。
しかしこの際に、別途法律で制定されているリサイクル料金を支払う必要があるので確認して利用をするのが安心なのである。
詳細においては、経済産業省のホームページなどに記載がされているので、1度それぞれの料金について調べておくのもオススメである。

1つの価格ではなくトータル的に見る

1つずつを見ていくことによって、自治体利用のほうが安価に感じるが回収量などによっては民間業者利用のほうがお得と言うケースも多いようである。
このことから、自らが出したい品目や総量に応じて比較検討をしてみるのが良いのだ。
また、付加サービスなどにおいては自治体は用意されておらず民間業者は用意されていることが大半である。
付加サービスを利用するごとに利用料金も増えていくが便利になることも多いので、そのような点から見極めていくのも良い手段なのである。

その時々に合ったものを

どちらかに決めるというのではなく、その都度自分にあった方法を選択するというのが賢い利用方法なのである。

更新情報

Copyright(C)2015粗大ごみの回収で活用できる自治体や民間のサービスAll Rights Reserved.